癒しを与える使命

水晶とロウソク

人々の心に光をもたらす

人間には持って生まれた使命や役割があり、人々の心を癒したり生活を明るく希望の光に満ちたものにする使命を担っている人たちのことをライトワーカと呼びます。人間は生きていく中で不安や恐れを感じることがあり、ライトワーカーはこれらの感情を抱かないように手助けする使命を持っています。美容師や料理人などは、美容や美味しい料理を通じて人々を癒している事になりライトワーカーが多い職種です。画家のように絵画を通じて心に潤いを与える仕事も人々に癒しを与える役割を果たしています。実際の職業がライトワーカーの仕事として直結している場合もあり、占い師やヒーラーを職業としている方は悩みを占いで助けたり、心に希望を与えるという意味では分かりやすい職業であると言えます。ライトワーカーの仕事というものは、職業的な仕事を指すものではないので自分の職業が直接誰かの癒しにつながるものでなくても身近にいる人に親切にしたり、困っている人を手助けすることでライトワーカーとしての仕事を全うすることは可能です。既に職業を通じてライトワーカーとしての仕事をしているという方の場合は、自分がライトワーカーであるという自覚を持って仕事をするように心がけます。部品作りや食材を作る仕事なども、人々の生活に役立つ何かを作る手助けという意味で、ライトワーカーとしての役割を果たしていると考えられます。つまり、多くの職業が人々の癒しとして貢献している事になりますが、これらを認識して愛情を持って行うことがライトワーカーとして生き、使命を果たしている事になると考えられます。身近な人や困っている人に日常的に優しく接し、癒しの役割を果たすこともライトワーカーとしての仕事です。