光の世界へ

オーラ

照らし導く

ライトワーカーのライトとは、光という意味であり、世の中に光を照らし、人間が抱く恐怖や不安を取っ払って世の中を愛で満たすという役割をもっています。人は生まれた時、前世での記憶がないために、ライトワーカーである人も、自分自身がライトワーカーであると最初は気づきません。ですが、生きて成長していく過程で自分がライトワーカーであると気づくと、しかるべき仕事をして役割を果たすようになります。しかし、そこに至るまでには、様々な壁が生じます。それは、ライトワーカーがもつ特徴の繊細さと優しさに起因します。繊細で優しいがゆえに、周囲の影響を良くも悪くも受けやすく、自分がすべき仕事をなかなか見つけられないのです。ライトワーカーの人が向いている仕事は、光を照らして愛へと導けるような仕事です。具体的には、医者や看護師などの医療系の仕事や、画家や音楽家などの芸術系の仕事です。これらの仕事は、人に癒しを与え恐怖や不安から救い出すことができます。しかし、こういった職に就くことは、人一倍努力が必要であったり、費用がかかったりと周囲の協力も大切になります。また、スピリチュアルな職にも向いていますが、周囲になかなか理解してもらえないこともあります。人のために自分がすべき役割を果たそうとする過程で、周囲から後ろ指を指されては、繊細で優しい人は途中で挫折してしまいます。しかし、人よりも繊細で優しいという一面があるなら、ライトワーカーである可能性があるので、困難に立ち向かっていく勇気を持つことが大切です。